グロービッシュで英会話マスターを目指す

英語の需要は年々増加するばかりである。

そこまでして英語を覚えなければいけないかと言うとそうでもない気がする。

だが英語はもはや必須なツールとなってしまった。

すべてはグローバル化というものが関わっているのには間違いない。

どこの企業も英語ができる人材をというかしか探していないように見える。

英語が苦手だから勉強をしないという時代はもはや終わってしまったのだろう。

今では英語ができなければ仕事もろくに就くことができない時代である。

英語が喋れないとは言語道断、そんな世界誰が望むのだろうか。

英語は言語だがツールという呼ばれ方もされる。

英語は道具でしかないという考え方もあるのだ。

その考え方をグロービッシュという。

グロービッシュとは簡単な英単語だけを組み合わせて会話をすることである。

難しい言い方などはしないため英語がそこまでできなくても英会話をすることができるのである。

グロービッシュがもっと流行ることができれば英語の価値は下がる。

そんなグロービッシュという言葉をぜひみんなに知ってもらいたい。

英語は難しいけどグロービッシュならできそうだと思う方はぜひこの機会に覚えてもらえると嬉しい。

英語はあくまでもツールなのである。